■ビストロ 庵GuRi(あぐり)中目黒店は、作っているのを見ながら食べられる鉄板料理や毎日仕入れる新鮮な刺身など、その他イタリアン、中華の日替りメニューもいっぱい。全国の地酒も豊富に揃っていて、内装も打ちっぱなしの天井にウッディな感じが開放的で温かい雰囲気をかもし出している。値段もリーズナブルでOLなど女性に大人気!
■庵GuRi(あぐり)5566は、国産の食材が見直される今、日本国中の「安全で美味しいものを出来るだけだけ安く」食べていただけるよう、頑張っていきます。現在は、ほぼ全店で、岩手県の佐助豚、鴨、岩手三陸野田湾の帆立貝、熊本の馬肉etc。産地直送の厳選食材を扱っています。
■AGURI(あぐり)GOOD MOON(グッドムーン)は、和み系カフェの様なスタイリッシュな外観」に歩く人々が立ち止まる。そんな店に一歩踏み入れればやわらかな光に包まれた和みの空間に時間を忘れてしまいそうだ。しっかりと素材を活かした料理は和を中心にした創作系。一品一品から料理人の丁寧な心使いが伝わってきそうなそんな料理達だ。地酒や焼酎も厳選されたものが数多く並び妥協を許さないこだわりがここにもうかがえる。
■しゃぶや 久吉 中目黒は、庵GuRiの待望の新業態。代表がこだわり抜いた食材を全国から仕入れ、鍋料理として提供します。
千興ファームの馬肉を使った「馬しゃぶ」、佐助三元豚を使った「豚しゃぶ」、アマタケ岩手鴨を使った「鴨すき」貴重で厳選された食材と料理です。
■ラーメン居酒屋 久慈清商店 中目黒は、昭和30年代を思わせる店構えで、どこか懐かしい鶏ガラスープの「ら~めん」と「餃子」です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080426103304

昨日、お友達から薔薇の花をたくさんいただきました。枝を短めに切って、小瓶に入れ分けて、家中に飾りました。
トイレに飾ったら、お掃除をしたくなりました。松居一代さんになった気分で、重曹水を作り、松居棒を作り、這いつくばって、床もきれいに…便器もピカピカになりました。
おかげでトイレに入るたびに爽やかな気分になります。
あっちこっちに飾った薔薇は香りが良くて、愛らしくて、思わず笑顔になります。
気持ちがウキウキしてきて、仕事もはかどり、何だかパワーが湧いてきました!
すると小さないいことが、ラッキーなとこがいくつも訪れました。

ああ、これって風水?って感じました。風水理論も全くわかりませんし、風水の本も読んだことがないのですが、パワーが湧いてきたということは、いい気運が流れてきたってことだ!と自己満足

爽やかな、すがすがしい気分になれることは幸せなこと。よ~し、これからはお花を絶やさず、お掃除もこまめにやって、風水を取り入れて、いい運気を取り入れよう!家族が気持よく暮らせられるように!

三日坊主にならないように頑張りま~す

バラ園のご紹介==神代植物公園(最寄駅 調布)
都内最大級のバラ園です。5,100株、270種が咲きほこる様は圧巻です!
春のバラフェスティバルは、5/12(土)~7/1(日)。期間中はイベントが盛りだくさんだとか。

私も薔薇のパワーをいただきに行ってこようと思っています。皆さんもいかがですか?



スポンサーサイト
0424きのこのパスタ

キノコとベーコンとクリームのパスタ     980円
ベーコンの旨味とキノコの食感、野菜の甘味にクリーミーなソースをからめたパスタです。
サービスでデザート(ブランマンジェ)がついていま~す♪
200804<br />23092009

青山へ行ったついでに骨董通りの「菊家」で和菓子を買って来ました。
店先には、柏餅、利休まんじゅう、泡雪かん、羊羹、最中…色とりどりの和菓子が並んでいて、眺めているだけで、楽しくなります。
お目当ては「水羊羹」だったのですが、あいにく今年はまだ。向田邦子さんのエッセイ集「眠る盃」の中に「水羊羹」というエッセイが書かれてますが、この「菊家」が出てきます。向田さんの一番のお気に入りの水羊羹が、この「菊家」の水羊羹です。
菊家の女将さん曰く、水羊羹に敷く桜の葉の塩漬けがまだ出来上がらないので、店に並ぶのは5/10過ぎになるとのこと。
向田さんがエッセイの中で言っている『桜の葉っぱの座布団』です。この座布団が重要らしい。
『うす緑とうす墨色の取合わせや、ほのかにうつる桜の匂いなどの効用のほかに、水羊羹を器に移すときのことも考えられているのです。つまり、下の桜のおザブを引っぱって移動させれば、水羊羹が崩れなくてもすむという、昔ながらの「おもんぱかり」があるのです』

なるほど…

東京では桜の花を目で見て愛でる楽しみは過ぎ去りましたが、食して味わうお楽しみはこれからです。季節のそれぞれの小さな趣を味わいながら、心豊かな人生を過ごせたら幸せでしょうね!
私も仕事に追われる毎日ですが、今日は美味しい新茶を入れて、「菊家」の和菓子をいただくことにします。ありし日の向田邦子さんを偲びながら…
20080420194407
クリーミーなポテトグラタンです。
新じゃが(メークイン)を使っています。ミルクで煮た新じゃがにチーズを乗せて香ばしく焼きました。クリーミーに仕上がっていますので、ワインにもバッチグー!グー!グー!
20080417215148

土佐まほろばトマト

フルーツトマトがブームの昨今、高知では「徳谷トマト」がブランドを独り占めしていますが、この「まほろばトマト」をいただいてみて、考えが変わりました。


この機会にと徳谷トマト(人気の生産者52番と7番)を取り寄せて、味比べをしてみました。
う~む、私としましては「まほろば」に軍配です。甘さと酸味のバランスが良くてトマト本来の旨みがある。
「徳谷」も確かに美味しいけど皮が固くて口に残る。そして値段が高すぎる。
いくら美味しくても高すぎます。だって、1キロ(ピンポン玉の大きさのトマトが22個位)で7000円ですよ。それに比べてこの「まほろば」は、1キロ(普通の大きさのトマトが12個位)で2300円。
つまり、「徳谷は」値段の高さに比べて感激度が低く、それに引き替え「まほろば」はこの美味しさでこの安さは感動ものです。

あとは好みの問題ですが、値段が高ければ美味しいという神話は、私の中では見事に崩れました。
20080416182603
20080416173210


「ズッキーニとトマトのモッツアレラチーズ焼き」(780円)(下の画像)

新鮮なズッキーニと熟したトマトにたっぷりチーズとアンチョビをきかせてあります。
こくと香りをご堪能下さい。

今日のプレゼントのデザートは、「チョコレートムースの苺ソース添え」(上の画像)です。ムースの甘さと苺の爽やかな酸味を楽しんでください。

数に限りがございますのでお早めに!



                
  ビストロ庵GuRi渋谷店  03(3780)3788  
20080416131106.jpg

リラックスタイムにチャイはいかがですか?

私はブラックコーヒー大好き人間なんですが、最近時々甘いチャイが飲みたくなります。
脳細胞が疲れていて、体が甘いものを欲してるのでしょうか。

チャイはヒンディー語で茶の意とか。いわゆるインド式に甘く煮出したミルクティーのようなもの。
でも普通の紅茶とは違います。チャイの茶葉があるようで、中でもスリランカ産の「フラワリー・ファニングス」という茶葉がいいらしい。

大阪で30年ほど前からチャイを出している店「カンテ・グランデ」(FAX06-6374-3586)が直輸入してて、小売もしています。

チャイの葉で作ったミルクティーは、シナモンを加えるとよりスパイシーで美味しくて、よりリラックス出来るような気がします。

是非一度お試し下さい。お口に合わなかったら、ごめんチャイ





20080415212703


今日は日替わりパスタがおすすめです。

本日のパスタは、ナスやズッキーニ、トマトなどの野菜のうまみとアンチョビをからめたさっぱり味のパスタです。
0414ika_asupara_salad

ホタルイカ&グリーンアスパラガスのガーリックソテー(780円)

アスパラガスの甘みと歯ごたえ、アンド、みそたっぷりのホタルイカにガーリックのコクと香りを添えました。
0413kinoko_tsutsumiyaki


きのことハーブの香りがフワ~ッと。う~む、白ワインがいいかなぁ!!


庵GuRiグループからのお知らせです

ぐるなびの「お得掲示板」のコーナーで、その日のおすすめの品をお知らせすることになりました。

渋谷2店は、ぐるなびの「庵GuRi5566」、中目黒3店は、「ビストロ庵GuRi中目黒店」に載せてございます。


ちなみに本日のおすすめは、

渋谷5566店は…本日入荷の「熊本の馬刺し」(1480円)、岩手県・三陸野田湾の帆立貝(二枚で780円)刺身、磯焼きetc.

ビストロ中目黒店…みちのく蕎麦サラダ(600円)    ←おすすめ!!

久吉…サザエのつぼ焼き(600円)

グッドムーン…丸ごと蒸しアワビ(磯の香り付き)(1800円)

どれもお値打ち価格となっておりま~す

     


昨日、所要で「久吉」に立ち寄った際、カウンターで一人ぽつんと熱燗を飲んでる紳士に出会いました。
店長から「90歳です!」と聞いて、驚くのなんのって
髪は黒々(かつて一度も染めたことがないとか)、耳も達者で、言葉もはっきりしており、とても90歳には見えません。背広姿で背筋がピン!かくしゃくとしていて、温和なご様子。どう見ても70代にしか見えません。

85歳の奥様がご病気で、ご自宅で介護なさっているとおっしゃってました。月に何日か奥様が病院でケアを受けてる間に骨休めに久吉にいらしていただいてるのだそうです。
「お元気の秘訣は何ですか?」と尋ねると、にこやかに「酒ですかねぇ」と。
毎晩、お好きなお酒を適量呑んでらっしゃるようです。
翁は静かにおっしゃいました。「はい、90歳と言うと皆驚きます。友達も周りもだいぶいなくなりました。長く生きるのがいいのか悪いのか…ただ普通に生きてきて、この年になっただけです」と。

最近お生まれになった双子のひ孫さんの話を嬉しそうになさりながら、ご飯をお代わりしてました。

長い人生、幾多のご苦労も乗り越えて生きていらしたことでしょう。でも90歳の今、介護要の奥様を抱えながらも溌剌?として、にこやかで、お顔のツヤもよく、ご苦労を感じさせない翁の姿にあっぱれ最敬礼の気分です。どうかいつまでもお元気で!


20080410215813
20080410215506
主婦の身といたしましては毎日の食事の献立に苦労します。
『食育』ということが最近よく言われていますが、忙しくてもなるだけ手作りのものを子供たちに食べさせたいと頑張っています。

レパートリーに行き詰まった時にお世話になるのが、料理研究家、川津幸子(かわつゆきこ)さんの料理本。もと雑誌「オレンジページ」の料理の編集者だった川津幸子さんの料理本は他の本とはちょっと違います。

料理のセンス、構成、文章、編集、写真…どれをとっても優れもの読み物としても楽しめます。しかも100文字でレシピを書くなんて、料理本としては画期的です。それがまたどれを作っても美味しく出来るんです。おかげで我が家も料理のレパートリーが増え、家族にも好評です。川津様さま。

実は川津幸子先生は私の大切なお友達の一人なんです。同じ年ごろでもあり、気が合い、よくお酒もご一緒するんです。
雑誌「クロワッサン」は毎号購入してます。だって連載でわが敬愛する川津幸子先生のセンスが光るレシピとエッセイが載っているんですもの


料理の画像は「牛タタキのカルパッチョ」
『牛肉の塊をタコ糸で巻いて塩コショウをスリ込む。フライパンで焼き色をつけたら、タレ(酒と醤油)を入れて蒸し焼きにし、スライスして皿に盛りルッコラを乗せ、塩、レモン、オリーブオイルをかける』だけ!

ねっ、簡単でしょう?
ぜひお試しあれ
20080409195805
20080409195606
「チキンの白レバーパテ」と「ある日のお通し」です。

パテの方はメルバトースト(薄切りのフランスパンをカリッカリに焼いたもの)が10枚くらい付いて、580円です。お代わりのトーストは12~13枚で200円。
人気の一品ですよ

                    ビストロ庵GuRi渋谷店   03(3780)3788
tsukiwoyobumahounokotoba

五日市さんのイスラエルでの不思議な体験談が語られています。偶然出逢ったイスラエルのおばあさんから「言葉の大切さ」を学んだ経緯が綴られているのです。
おばさんはおっしゃったそうです「心の持ち方って大事よ。だけど、もっと大切なのはね、言葉の使い方なの。どんなことを口に出すかであなたの目の前の状況が変わってくるし、あなたの心も変わってくるの。本当よ」と。

そして五日市さんはおっしゃっています。「心は言葉の影響をとても受けやすい。マイナスの言葉を使うのをやめ、ニコッと笑ってプラスのことを口にしていれば、自分の心も相手の心も心地よい状態に安定していき、気づかぬうちに状況が好転していくような気がする」と。

この本には「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」  この三つの言葉の使い方について書かれています。詳しくは一読をお勧めしますが、私は読後、不思議な力が湧いてきたように感じました。

要は、どんな状況下でもプラス思考で臨めば「気付き」を得られる。プラスの言葉を声に出して発すれば、エネルギーが湧いてくる。素晴らしい人々との出逢いが訪れる。人生が心豊かなものとなる。ということだと思います。


最後に五日市さんは
「『プラスの言葉』が皆様の人生を素晴らしいものにしてくれるよう祈ります」という言葉でしめています。

運命を変えられるかもしれませんよ
20080407110305
ビストロ庵GuRi渋谷店では、従来の料理メニューに加えて、最近洋風メニューを増やしました!
食材にこだわり、国産の産地直送を取り入れています。
上の映像は、鮮魚のカルパッチョ。あまり手を加えず、素材の味をいかした、さっぱりした味です。
20080406184806
「久方の光のどけき春の日に  しづ心なく花の散るらむ」   -紀友則-
今日はそんな気分でした。
桜吹雪が舞う中で、桜の木の根元近くで咲いてる、こんな元気な桜を見つけました。
20080405230810
中目黒、グッドムーン前の今日の桜です。だいぶ散ってしまいましたが、花びらがヒラヒラ舞う様も何とも風流です。
来週の半ばまではもつかなってとこでしょうか…
今年も楽しませてくれて、ありがとうさん、桜様、様。
20080403212209
20080403211105
このお店、なんとカプチーノに可愛い絵を描いてくれるのです
クリスマスシーズンにはサンタクロースやスノーマン。
普段は、ウサギやネコやヒツジなど。
お客さんの似顔絵もオーケーらしい。
あんまり可愛いので、思わず写メを撮っちゃいました。
一杯 500円です美味しいですよ!
カジュアルなレストランです。お食事も美味しいですが、ティータイムとしてもご利用できますよ。


目黒区鷹番3丁目(東横線学芸大学駅から徒歩2分)
LOSPAZIO
03(5722)6799
20080402163704
写真は「空也」の『もなか』です。
銀座の並木通りに空也はあります。うっかり見過ごしてしまいそうなくらい小さなお店です。格子戸を開けると、もなかの皮のいい香りがプーンと漂ってきます。店先の狭いスペースに、もなかの箱・箱・箱!予約注文のもなか達がうず高く積み上げられているのです。

空也は、創業明治17年(現在の店は昭和24年から)。幾多の文豪や文化人にも愛されたこのもなか。夏目漱石の「吾輩は猫である」にも登場するとか。

空也もなかは、皮も餡も全て自家製。一日に作れる量しか売らない。皮はサクッとしていて、餡は上品な甘さ。こだわりの味です。

空也はなかなか電話が繋がりません。一週間先まで予約でいっぱいという時もしばしば。運よく予約出来ても銀座並木通りの店まで取りに行かないとなりません。ここでしか売ってないのです。
美味しさもさることながら、手に入れるまでの苦労も差し上げる方への贈り物の気持ちだと思います。


食べきれないときは冷凍しておいて、食べたいときにトースターで軽く温めていただいても美味しいです。空也のお店の方に邪道だと叱られるかもしれませんが…。


     空也もなか10個入   価格 950円(贈答用の化粧箱は1000円)
            
     生菓子もあります。


                    空也    電話番号 03(3571)3304
 
20080401003706
山手通り沿いの「久慈清商店」。ただ今、中目黒の桜祭りを開催中
いなせでイケメンのあんちゃん達が捻りハチマキでお待ちしていま~す
ラーメン、餃子、おでんに唐揚げ、ジンギスカン
目黒川沿いをお花見散策。で、そのあとは久慈清商店のオープン席へ “え~らっしゃいらっしゃい

久慈清商店     03(5722)0133
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。